php マニュアル

version PHP 4.1.0 - PHP 5.x.x (newer)

PHP   Pear   MySQL  

shmop_open

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5)

shmop_open共有メモリブロックを作成またはオープンする

説明

int shmop_open ( int $key , string $flags , int $mode , int $size )

shmop_open() は共有メモリブロックを作成または オープンします。

パラメータ

key

共有メモリブロックのシステム ID であり、10 進数または 16 進数で指定することが可能です。

flags

フラグに設定できる内容は、次のとおりです。

  • "a" アクセス用(shmat に SHM_RDONLY を設定する) 既存の共有メモリセグメントを読み込み専用でオープンする必要がある場合に このフラグを使用してください。
  • "c" 作成用(IPC_CREATE を設定する) 新規に共有メモリセグメントが必要な場合にこのフラグを使用してください。 もし同じキーのセグメントがすでに存在する場合、それを読み書きモードで オープンしようと試みます。
  • "w" 読み込み & 書き込みアクセス用 共有メモリセグメントの読み込みや書き込みの必要がある場合にこのフラグを 使用してください。たいていの場合はこのフラグを使用します。
  • "n" 新規メモリセグメントの作成用(IPC_CREATE|IPC_EXCL を設定する) 新規に共有メモリセグメントが必要で、もし同じフラグのセグメントが 存在するときには失敗させたい場合にこのフラグを使用してください。 セキュリティを確保するために、このフラグは有用です。これを使用する ことで、条件の競合による問題を避けることが可能です。

mode

共有メモリセグメントに設定したい 許可属性で、ファイルに関する許可属性と同様なものです。許可属性は、 例えば 0644 のような 8 進数形式で渡す必要があります。

size

作成したい共有メモリブロックの大きさをバイト数で指定します。

注意:

注意: 既存のメモリセグメントをオープンする場合には、3 番目および 4 番目の引数には 0 を指定する必要があります。成功時に

返り値

成功した場合は、 shmop_open() は 作成した共有メモリセグメントにアクセスするために使用する ID を返します。 失敗した場合に FALSE を返します。

例1 共有メモリブロックを新規に作成する

<?php
$shm_key 
ftok(__FILE__'t');
$shm_id shmop_open($shm_key"c"0644100);
?>

この例は、 ftok() が返すシステム ID の共有メモリブロックをオープンします。

参考


 
 

Add Comment

※半角英数

Add Comment  (注) 修正するときは、以前入力したKeyを入力してください。(単純なキーの場合、上書きされてしまいます)

 
 

Comment

コメントはまだ登録されていません。一番乗りで関数の利用方法を書いてみませんか?

 
 
 
 
New Entry

php/function.preg-match.html

先頭3桁が070、080、090のいずれかで始まる電話番号にマッチするパターン

Show Detail

php/function.mb-strimwidth.html

文字コードを指定して、全角半角が混在している文字列を短縮。

Show Detail

mysql/index.html

H7EnFK dvyozfiiutul, [url=http://mcfonuzjslbq.com/]mcfonuzjslbq[/url], [link=http://rosbokkudfzh.com/]rosbokkudfzh[/link], http://stjnnhsdhiyo.com/

Show Detail

: JAPANESE/index.html

Замечательно, это весьма ценное сообщение Очень любопытно :) _________________________________________________________________________ http://trustavia.ru/communication/forum/user/4652/ http://omax.ru/communication/forum/user/1089/

Show Detail

php/function.session-encode.html

1FF6DDAE0402930CB68E8CCA6DE45E2E

Show Detail