php マニュアル

version PHP 4.1.0 - PHP 5.x.x (newer)

PHP   Pear   MySQL  

oci_fetch_array

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_fetch_arrayクエリの次の行を連想配列あるいは数値添字配列で返す

説明

array oci_fetch_array ( resource $statement [, int $mode ] )

クエリから、結果セットの次の行を含む配列を返します。 配列の各エントリが行の各カラムをあらわします。 この関数の典型的な使い方は、ループの中で FALSE を返すまでコールすることです。 FALSE は、もう行がないことを意味します。

OCI8 拡張モジュールによるデータ型マッピングの 詳細については、ドライバが サポートするデータ型 を参照ください。

パラメータ

statement

oci_parse() で作成して oci_execute() で実行した有効な OCI8 ステートメント ID、 あるいは REF CURSOR ステートメント ID。

mode

オプションの第2引数は、次の定数の組み合わせが可能です。

oci_fetch_array() のモード
定数 説明
OCI_BOTH 連想配列と配列の両方を返します。 これは OCI_ASSOC + OCI_NUM と同等で、 デフォルトの動作です。
OCI_ASSOC 連想配列を返します。
OCI_NUM 数値添字配列を返します。
OCI_RETURN_NULLS NULL フィールドの要素も作成します。この要素の値は PHP の NULL となります。
OCI_RETURN_LOBS LOB ディスクリプタではなく LOB の中身を返します。

デフォルトの modeOCI_BOTH です。

加算演算子 "+" を使うと、複数のモードを同時に指定できます。

返り値

連想配列や数値添字配列を返します。 statement にもう行がない場合は FALSE を返します。

デフォルトでは、LOB カラムは LOB ディスクリプタを返します。

DATE カラムは、現行のデータフォーマットにフォーマットされた 文字列として返されます。既定のフォーマットは NLS_LANG のような Oracle 環境変数で変更したり、またはあらかじめ ALTER SESSION SET NLS_DATE_FORMAT コマンドを実行して変更します。

Oracle のデフォルトでは、大文字小文字を区別しないカラム名はすべて大文字となり、 結果の連想配列のインデックスも大文字になります。 大文字小文字を区別するカラム名は、配列のインデックスもそれと同じになります。 結果の配列を var_dump() すれば、 各クエリの大文字小文字を確かめることができます。

例1 oci_fetch_array() での OCI_BOTH の使用例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT department_id, department_name FROM departments');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_array($stidOCI_BOTH))) {
    
// 連想配列の指標として大文字のカラム名を使用します
    
echo $row[0] . " and " $row['DEPARTMENT_ID']   . " are the same<br>\n";
    echo 
$row[1] . " and " $row['DEPARTMENT_NAME'] . " are the same<br>\n";
}

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例2 oci_fetch_array() での OCI_NUM の使用例

<?php

/*
  実行する前にテーブルを作成します。
      CREATE TABLE mytab (id NUMBER, description CLOB);
      INSERT INTO mytab (id, description) values (1, 'A very long string');
      COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT id, description FROM mytab');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_array($stidOCI_NUM))) {
    echo 
$row[0] . "<br>\n";
    echo 
$row[1]->read(11) . "<br>\n"// DESCRIPTION から最初の 11 バイトを出力します
}

// 出力です。
//    1
//    A very long

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例3 oci_fetch_array() での OCI_ASSOC の使用例

<?php

/*
  実行する前にテーブルを作成します。
      CREATE TABLE mytab (id NUMBER, description CLOB);
      INSERT INTO mytab (id, description) values (1, 'A very long string');
      COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT id, description FROM mytab');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC))) {
    echo 
$row['ID'] . "<br>\n";
    echo 
$row['DESCRIPTION']->read(11) . "<br>\n"// DESCRIPTION から最初の 11 バイトを出力します
}

// 出力です。
//    1
//    A very long

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例4 oci_fetch_array() での OCI_RETURN_NULLS の使用例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT 1, null FROM dual');
oci_execute($stid);
while ((
$row oci_fetch_array ($stidOCI_ASSOC))) { // NULL を無視
    
var_dump($row);
}

/*
上記のコードの出力です。
  array(1) {
    [1]=>
    string(1) "1"
  }
*/

$stid oci_parse($conn'SELECT 1, null FROM dual');
oci_execute($stid);
while ((
$row oci_fetch_array ($stidOCI_ASSOC+OCI_RETURN_NULLS))) { // NULL をフェッチ
    
var_dump($row);
}

/*
上記のコードの出力です。
  array(2) {
    [1]=>
    string(1) "1"
    ["NULL"]=>
    NULL
  }
*/

?>

例5 oci_fetch_array() での OCI_RETURN_LOBS の使用例

<?php

/*
  実行する前にテーブルを作成します。
      CREATE TABLE mytab (id NUMBER, description CLOB);
      INSERT INTO mytab (id, description) values (1, 'A very long string');
      COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT id, description FROM mytab');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC+OCI_RETURN_LOBS))) {
    echo 
$row['ID'] . "<br>\n";
    echo 
$row['DESCRIPTION'] . "<br>\n"// DESCRIPTION の全てが含まれます
}

// 出力です。
//    1
//    A very long string

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例6 oci_fetch_array() での文字の大小を区別するカラムの使用例

<?php

/*
   実行する前にテーブルを作成します。
      CREATE TABLE mytab ("Name" VARCHAR2(20), city VARCHAR2(20));
      INSERT INTO mytab ("Name", city) values ('Chris', 'Melbourne');
      COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'select * from mytab');
oci_execute($stid);
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC+OCI_RETURN_NULLS);

// 'Name' は文字の大小を区別するカラムとして作成されたので、配列の指標として
// 同一のケースを使用します。しかしながら、文字の大小を区別しないカラムの
// 指標としては、大文字の 'CITY' を使わなければいけません。
print $row['Name'] . "<br>\n";   //  Chris を出力
print $row['CITY'] . "<br>\n";   //  Melbourne を出力

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例7 oci_fetch_array() での同じ名前のカラムの使用例

<?php

/*
  実行する前にテーブルを作成します。
      CREATE TABLE mycity (id NUMBER, name VARCHAR2(20));
      INSERT INTO mycity (id, name) values (1, 'Melbourne');
      CREATE TABLE mycountry (id NUMBER, name VARCHAR2(20));
      INSERT INTO mycountry (id, name) values (1, 'Australia');
      COMMIT;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$sql 'SELECT mycity.name, mycountry.name
        FROM mycity, mycountry
        WHERE mycity.id = mycountry.id'
;
$stid oci_parse($conn$sql);
oci_execute($stid);
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC);
var_dump($row);

// 出力には "NAME" 項目一つだけが含まれます。
//    array(1) {
//      ["NAME"]=>
//      string(9) "Australia"
//    }

// 度重なるカラム名を照会するには、 "AS ctnm" のような SQL カラムのエイリアスを使います。
$sql 'SELECT mycity.name AS ctnm, mycountry.name 
        FROM mycity, mycountry 
        WHERE mycity.id = mycountry.id'
;
$stid oci_parse($conn$sql);
oci_execute($stid);
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC);
var_dump($row);

// これで出力には選択したカラムが両方含まれます。
//    array(2) {
//      ["CTNM"]=>
//      string(9) "Melbourne"
//      ["NAME"]=>
//      string(9) "Australia"
//    }


oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例8 oci_fetch_array() での DATE カラムの使用例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

// この接続に対して日付フォーマットを設定します。
// パフォーマンス上の理由で、トリガー、またはその代わりに環境変数で
// フォーマットを変更することを検討します
$stid oci_parse($conn"ALTER SESSION SET NLS_DATE_FORMAT = 'YYYY-MM-DD'");
oci_execute($stid);

$stid oci_parse($conn'SELECT hire_date FROM employees WHERE employee_id = 188');
oci_execute($stid);
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC);
echo 
$row['HIRE_DATE'] . "<br>\n";  // 1997-06-14 を出力

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例9 oci_fetch_array() での REF CURSOR の使用例

<?php
/*
  下記のようにして PL/SQL ストアド・プロシジャーを作成します。

  CREATE OR REPLACE PROCEDURE myproc(p1 OUT SYS_REFCURSOR) AS
  BEGIN
    OPEN p1 FOR SELECT * FROM all_objects WHERE ROWNUM < 5000;
  END;
*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'BEGIN myproc(:rc); END;');
$refcur oci_new_cursor($conn);
oci_bind_by_name($stid':rc'$refcur, -1OCI_B_CURSOR);
oci_execute($stid);

// 返された REF CURSOR を実行して、ステートメント識別子のようにそこからフェッチします
oci_execute($refcur);  
echo 
"<table border='1'>\n";
while (
$row oci_fetch_array($refcurOCI_ASSOC+OCI_RETURN_NULLS)) {
    echo 
"<tr>\n";
    foreach (
$row as $item) {
        echo 
"    <td>".($item !== null htmlentities($itemENT_QUOTES) : "&nbsp;")."</td>\n";
    }
    echo 
"</tr>\n";
}
echo 
"</table>\n";

oci_free_statement($refcur);
oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

例10 oci_fetch_array() での LIMIT 風のクエリの使用例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

// これが実行したいクエリーです
$sql 'SELECT city, postal_code FROM locations ORDER BY city';

// このネストしたクエリーにより、 $sql から行のサブセットが選択されます。
// 製品環境では、連結した SQL 文による SQL インジェクションの問題を
// 防止するよう気をつけてください
$limit_sql 
   
'select *
    from ( select a.*, rownum as rnum
        from (' 
$sql ') a
        where rownum < :FIRST_ROW + :NUM_ROWS )
    where rnum >= :FIRST_ROW'
;

$first 1;  // 最初の行で開始
$num   5;  // 5 行を返す
$stid oci_parse($conn$limit_sql);
oci_bind_by_name($stid':FIRST_ROW'$first);
oci_bind_by_name($stid':NUM_ROWS'$num);
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC))) {
    echo 
$row['CITY'] . " " $row['POSTAL_CODE'] . "<br>\n";
}

// 出力です。
//    Beijing 190518x
//    Bern 3095x
//    Bombay 490231x
//    Geneva 1730x
//    Hiroshima 6823x

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

注意

注意:

大文字小文字を区別せずにつくった Oracle のカラムでは、 連想配列のインデックスはすべて大文字となることに注意しましょう。

注意:

大量の行を返すクエリの場合、 oci8.default_prefetch を増やすか oci_set_prefetch() を使えばパフォーマンスが劇的に向上します。

注意:

oci_fetch_array()ほんの少しだけ oci_fetch_assoc()oci_fetch_row() より低速ですが、 ずっと柔軟性があります。

参考


 
 

Add Comment

※半角英数

Add Comment  (注) 修正するときは、以前入力したKeyを入力してください。(単純なキーの場合、上書きされてしまいます)

 
 

Comment

コメントはまだ登録されていません。一番乗りで関数の利用方法を書いてみませんか?

 
 
 
 
New Entry

php/function.preg-match.html

先頭3桁が070、080、090のいずれかで始まる電話番号にマッチするパターン

Show Detail

php/function.mb-strimwidth.html

文字コードを指定して、全角半角が混在している文字列を短縮。

Show Detail

mysql/index.html

H7EnFK dvyozfiiutul, [url=http://mcfonuzjslbq.com/]mcfonuzjslbq[/url], [link=http://rosbokkudfzh.com/]rosbokkudfzh[/link], http://stjnnhsdhiyo.com/

Show Detail

: JAPANESE/index.html

Замечательно, это весьма ценное сообщение Очень любопытно :) _________________________________________________________________________ http://trustavia.ru/communication/forum/user/4652/ http://omax.ru/communication/forum/user/1089/

Show Detail

php/function.session-encode.html

1FF6DDAE0402930CB68E8CCA6DE45E2E

Show Detail